条件付き書式で上位と下位のデータを強調表示

条件付き書式で上位と下位のデータを強調表示|Excelの使い方
条件付き書式で指定された範囲内の値で上位10項目、上位10%、下位10項目、下位10%、平均より上、平均より下などの条件で強調表示できるようにメニューが用意されています。



条件付き書式で上位データを強調表示

1条件付き書式を割り当てたい範囲を選択し
2[ホーム]タブを選択
3条件付き書式
4上位/下位ルール
今回は上位10%を選択。
エクセルの条件付き書式で上位/下位のデータを強調表示する

選択できるメニューは
・上位10項目
・上位10%
・下位10項目
・下位10%
・平均より上
・平均より下
ですが、
上位/下位の項目数やパーセントは別途指定できる
のように上位(下位)の項目数やパーセントは別途指定することができます。

上位と下位の両方,複数の条件を指定するには

条件付き書式で複数の条件を指定するには、1まずは上記のように上位(もしくは下位のどちらかを)条件付き書式設定で指定し
条件付き書式で上位の条件と書式を設定

2条件付き書式を複数指定したい範囲を選択
3条件付き書式
4上位/下位ルール
5下位の指定したい条件を選択
6書式等を指定
条件付き書式で下位の条件と書式を設定
これで複数の上位・下位の条件付き書式が設定されました。
条件付き書式で上位/下位の条件が設定完了

[条件付き書式]を確認,削除,修正するには[ルールの管理]から

まずは条件付き書式の確認,削除,修正したいセルを選択し
[条件付き書式]→[ルールの管理]
[ルールの管理]から条件付き書式の設定を追加/修正/削除する
[条件付き書式ルールの管理]ダイアログで設定を追加/修正/削除
先ほどの記述では、[リボン]の[条件付き書式]からルールの追加を説明しましたが
A[新規ルール]で[条件付き書式]条件の追加もできます。
B[ルールの編集]で[条件付き書式]を修正
C[ルールの削除]で[条件付き書式]の条件を削除
条件の内容が一部重なっていた場合、D[▲][▼]で条件の優先順位を入れ替えることができます。

条件付き書式で上位と下位のデータを強調表示へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る