オートフィルで奇数,偶数,倍数などの変則連続データを入力

オートフィル(連続データ)と通常コピーの切り替え|Excelの使い方
エクセル(Excel)はセルをドラッグすることで「連続した値」(オートフィル)と「同じ値」を選択して入力することができます。
ドラッグしオートフィルで入力されたデータを同じ値のコピーに変更することもできます。



オートフィルとは

Excelのセルに入力された値をドラッグするとExcelが続きの値を予測して自動で連続したデータが入力される機能の事。

Excelのオートフィルを使って連続データを自動入力

まずは基本となる最初のセルを入力します。
※Excelのオートフィル(連続データ入力)は必ずしも最初(1から)始まる必要はありません。
カーソルを右下に持っていくと、カーソルが十字に変わります。
この十字を下にドラッグします。
オートフィルの最初のデータを入力
自動で連続したデータが入力されます。
Aの様に連続データの終わりを自動的に考え、13月ではなく1月が入力あれます。
オートフィルは連続データの終わりを自動的判断される

オートフィルでドラッグした最後のセルの右下に[オートフィル オプション]が表示されます。
オートフィルでドラッグした最後のセルの右下に[オートフィル オプション]

オートフィルで連続データを入力したくない場合(同一データをコピーしたい)

オートフィルオプションから[セルのコピー]を選択しなおすと同じセルがコピーされた状態に修正されます。
オートフィルで連続データを入力したくない場合

上下左右にオートフィルで連続データの自動入力が可能

オートフィルの連続データの自動入力は、最初に入力した基準となるセルから上方向にコピーが可能です。
Excelのオートフィルは上方向にも連続データの入力ができる
右方向にも。
Excelのオートフィルは右方向にも連続データの入力ができる
左方向にもオートフィルでの連続データのコピーができます。
Excelのオートフィルは左方向にも連続データの入力ができる



Excelの書式設定を含むオートフィルについて

オートフィルでコピーしたい以下のような連続データがあったとします。
C3C6までを連続データとして選択し、ドラッグでオートフィルでコピーした場合
Excelの書式設定を含むオートフィルについて
通常は1「連続データ」として扱われ、値も書式も連続データとしてコピーされます。
Excelのオートフィルは値も書式も連続データとしてコピーされます。
オートフィルオプションをクリックして2[セルのコピー]を選択すると
元のセル=C3C6と同じ値・同じ書式がコピーされます。
[セルのコピー]を選択すると元のセルと同じ値・同じ書式がコピー
オートフィルオプションで3[書式のみコピー]を選択した場合
値のない書式のみがコピーされます。
オートフィルオプションで[書式のみコピー]
オートフィルオプションで4[書式なしコピー]を選択すると
値のみ連続したデータとしてコピーされますが、書式はコピーされません。
オートフィルオプションで[書式なしコピー]を選択すると値のみ連続したデータとしてコピー



オートフィルが利用できない場合

選択したセルの右下にカーソルを合わせても十字(フィルハンドル)に変わらないため、オートフィルが利用できない場合、Excelの設定でオートフィルがオフになっている可能性があります。

オートフィルのオン・オフ確認を行う

オートフィルの設定状況を確認するには、Excelのリボン左上の[ファイル]
Excelのオートフィルのオン・オフ確認
オプション
Excelの[ファイル]から[オプション]を選択
[詳細設定]から[フィルハンドルおよびセルのドラッグ ドロップを使用する]にチェックが入っているか確認。

「フィルハンドルおよびセルのドラッグ ドロップを使用する」にチェックが入っていることを確認
チェックが入っていればオートフィルがオンになっている状態です。

オートフィルで奇数,偶数,倍数などの変則連続データを入力へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る