Excelの曜日の表示形式を指定する

Excelの曜日の表示形式を指定する
下図のエクセル(Excel)、A1~B4の8個のセルは全て「1/1」と入力し、書式設定で表示方法を変更した例です。
書式設定の表示形式を変更するだけで曜日の表現方法が変わる
※[B1]の[火]も[1/1]と入力されてます。
※エクセルが入力した年(例では2013年なので)2013/の文字が補完し、データが2013/1/1になります。



Excelで曜日の表示形式を指定する

Excelで曜日の表示形式を指定するには[セルの書式設定]から行います。
[セルの書式設定]ウインドウの呼び出しは[Ctrl] + [1]
[Ctrl] + [1]でエクセル(Excel)の書式設定
もしくはリボンの1[ホーム]タブ2「数値」の横のボタンを押下
Excelのリボンの「数値」の横のボタンで「書式設定」表示

[セルの書式設定]ウインドウが表示されたら
A表示形式を選択し
Bユーザー定義
C種類を入力し
Dサンプルで表示内容を確認
エクセル(Excel)のセルの書式設定から曜日の表現方法を指定する

C種類は
[aaa]を入力すると月火水木金土日のように漢字一字で曜日を表示
[aaaa]を入力すると「○曜日」の形式で表示
[ddd]を入力するとSun Mon Tue Wed Thu Fri Satの英語省略形で曜日を表示
[dddd]を入力するとで曜日を英語(Sunday,Monday・・・)で表示

ユーザー定義の「yyyy/m/d」を選択し、種類の欄で[(ddd)]を追加し「yyyy/m/d (ddd)」とするとサンプルには【2017/1/1 (Sun)】のように日付と曜日が表示されます。
mm、ddのように2つ文字を重ね「yyyy/mm/dd (ddd)」とすると【2017/01/01 (Sun)】のように月と日付が2桁固定表示になります。

Excelの曜日の表示形式を指定するへのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*




ページのトップへ戻る