Excelの日付の書式形式を変更

Excelの日付の書式形式を変更
Excelでは日付、曜日等を簡単に(省略して)入力しても補足入力してくれ、その表示形式も多種の中から選ぶことができます。



例えば以下は全て[1/1](もしくは[1-1])と入力し、Excelの表示形式を切り替えただけのサンプル表示一覧になります。

エクセル(Excel)では日付が補足して表示される

Exceの日付の表示形式を変更する手順

表示形式の変更は[セルの書式設定]から行います。
[セルの書式設定]ウインドウの呼び出しは[Ctrl] + [1]
[Ctrl] + [1]でエクセル(Excel)の書式設定
もしくはリボンの1[ホーム]タブ2「数値」の横のボタンを押下
Excelのリボンの「数値」の横のボタンで「書式設定」表示

「セルの書式設定」が表示されたら1[表示形式]
Excelの日付表示形式を西暦から選択
2「日付」を選択
3日付の表示形式(種類)を一覧の中から選択
4(表示)サンプルを確認し問題が無ければ[OK]を押下

西暦ではなく和暦(昭和/平成等)で表記したい場合は
5「カレンダーの種類」を「グレゴリオ暦」→「和暦」に
Excelの日付表示形式を和暦から選択
6「和暦」に切り替える
7「和暦」の表示形式を一覧から選択
8(表示)サンプルを確認し問題が無ければ[OK]を押下

Excelの日付の書式形式を変更へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*




ページのトップへ戻る