Excelでプルダウンリストを作成する

入力をプルダウンのリストから行う|Excelの使い方
エクセル(Excel)のデータの入力規則プルダウンリストについて
プルダウンリストはミスの軽減、表記の一致、カテゴライズが簡単になるなどのメリットがあります。
プルダウンリストの設定/追加/解除方法について解説します。



Excelのプルダウンリストとは

プルダウンリストはプルダウンメニュードロップダウンメニューと言われることもあります。
プルダウンリストは以下のようにユーザーが指定・定義したリストから、値を選択して入力する方法の事です。
Excelのプルダウンリストイメージ

プルダウンを利用するメリット

リストから選択するだけなのでマウス操作だけで入力が進み作業が楽になります。
あらかじめ定義されたリストなのでミスがなくなる。
書式が統一される。
リスト一覧でカテゴライズされるので集計しやすい。

Excelに入力してあるリストからプルダウンメニューを作成

プルダウンリストで入力を制限したいセル範囲を選択
1[データ]タブの
2データの入力規則
データの入力規則でプルダウンから入力させたいセルを選択
[入力値の種類:]をプルダウンで3[リスト]を選択
入力値の種類をリストに設定
4ボタンを押してExcelのプルダウンリストが入力してある場所を指定します。
プルダウンリストになる[元の値]を指定
5Excelで既に作成してあるリストがある場所をワークシートを切り替えたりしながら選択します。
6場所が指定できたらEnterキーを押して決定
プルダウンリストが指定完了
[データの入力規則]ウィンドウに戻ったら7OK
データの入力規則でプルダウンリストを定義完了

自分で入力してリストを作成する場合

Excelでプルダウンリストをまだ作成していない場合は[データの入力規則]ウィンドウで[ , ](カンマ)区切りで入力しても設定が可能です。
[データの入力規則]ウィンドウで[ , ](カンマ)区切りで入力しても設定が可能

Excelでデータの入力規則のプルダウンリストの設定完了

プルダウンリストの定義が完了すると、定義したセル上にカーソルがあると[▼]が表示されます。
プルダウンリストの定義されたセルには[▼]が表示
[▼]をクリックするとプルダウンリストが表示され、クリックや矢印キーだけで入力が進められます。
Excelでプルダウンリストから値を入力

プルダウンリストのリスト外の値を入力した場合

データの入力規則でプルダウンリストからの入力に制限されたセルに、リスト外の値を入力すると以下のようにエラーメッセージが表示されます。
プルダウンリストのリスト外の値を入力した場合

入力規則のプルダウンリストの設定を解除・クリア

データの入力規則(プルダウンリスト)の設定解除をしたい場合で、入力規則の制限がかかったセルが正確に把握できている時はそのセルだけを選択してもいいですが、把握できていない場合は、シートの左上をクリックし1シート全体を選択
2データの入力規則をクリックし
3データの入力規則が定義されていないセルが含まれている旨のアラートが表示されます。
すぐにクリアするのではいいいえのどちらを選択しても構いません。
入力規則のプルダウンリストの設定を解除・クリア手順
すべてクリアでデータの入力規則(プルダウンリスト)が解除されます。
[すべてクリア]でデータの入力規則(プルダウンリスト)が解除

Excelでプルダウンリストを作成するへのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る