フォントの装飾をキーボードから行う

Excelのフォントの装飾をキーボードから行う

エクセル(Excel)でフォント(書体)の装飾をキーボードから行う方法。

エクセル(Excel)の上部のリボン(Excel2003以前はツールボックス)の[B],[I],[U]を押下した場合と同じ事がキーボードから操作できます。

エクセル(Excel)でキーボードからフォントの装飾を行う

[Ctrl] + [B]でボールド(太字)

エクセル(Excel)で[Ctrl] + [B]でボールド(太字)

[Ctrl] + [I]でイタリック(斜字体)

エクセル(Excel)で[Ctrl] + [I]でイタリック(斜字体)

[Ctrl] + [U]でアンダーライン(下線)

エクセル(Excel)で[Ctrl] + [U]でアンダーライン(下線)

ノートパソコン等、作業視野が狭く、以下のようにリボン(Excel2003以前のツールボックス)を隠した場合に知っていると、かなり作業効率が上がると思います。

エクセル(Excel)でリボン(ツールボックス)を隠した状態

フォントの装飾をキーボードから行うへのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る