ショートカットでSUM関数(合計値)

ショートカットでSUM関数(合計値)|エクセル(Excel)の使い方
Excelでよく使われるSUM関数はショートカットで簡単に入力ができます。



SUM関数をショートカットで指定する

1SUM関数を入力したいセル範囲を囲みます。
2AltShiftAltで自動でSUM関数が割り当てられます。
SUM関数をショートカットで指定する

ショートカットで、作成された表の一部の合計(SUM)を算出したい場合

AExcelの表中の合計を出したいセル範囲+合計値が入るセル(選択時は空欄)を選択します。
Bの範囲の合計値がCにSUM関数として入力されます。
ショートカットで、作成された表の一部の合計(SUM)を算出したい場合



今後、値を入力する予定があるセル範囲を考慮してSUM関数をショートカットで指定する場合。
A今後、値を入力する予定のあるセル+合計値が入るセル(選択時は空欄)を選択します。
空欄を含むBの範囲の合計値がCにSUM関数として入力されます。
今後入力する予定のセルを加味してSUM関数を指定する
AltShiftAltのショートカットでSUM関数から合計値を入力させる場合、基本的に選択範囲の一番下の欄に合計値(SUM関数)が入力されます。

ショートカットでSUM関数(合計値)へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る