グラフを別の種類のグラフに変更

Excelで作成したグラフはを別の種類のグラフに変更
エクセル(Excel)で作成したグラフは簡単にグラフのタイプ(種類)を変更する事ができます。Excel(エクセル)初心者にも分かりやすくグラフの種類の変更方法を解説します。



Excelで作成した表でどのグラフを選択するか

グラフは数値を視覚化する1つの手法なので、主張したい内容に適したグラフを選ぶ事でプレゼンなどに有効なツールになります。
例えば、各支店ごとに比較し、競争させるために月の成果をまとめた「集合棒グラフ」から
Excel(エクセル)で作成した表を集合棒グラフにする

各支店を合計した「全体の売上」を主眼にした「積み上げ棒グラフ」に変更したら印象がかなり異なります。
Excel(エクセル)で作成した表を積み上げ棒グラフする

Excelで既に作成したグラフを他の種類のグラフに変更する手順

1種類を変更したいグラフを選択
2[グラフツール]→[デザイン]

[グラフの種類の変更]ボタンを押下

※[グラフの種類の変更]ボタンはExcel2007/2010では左寄りにあります。
グラフを選択し[グラフツール]→[デザイン]→[グラフの種類の変更]

[グラフの変種類の変更]ダイアログが開く

左側から変更したいグラフの種類を選び、右上のレイアウトタイプを選択し[OK]

[グラフの変種類の変更]ダイアログからグラフの種類とレイアウト/タイプを選択

下図の例では全体の売上の推移を見ながら内訳として支店の売上が色分けで視覚化された「積み上げ棒グラフ」を選択しています。
グラフの太さや目盛間隔を調整し見やすくしたら完成です。
積み上げ棒グラフは全体の数字の把握に主眼を置き、各要素のパーセントを視認するのに便利

グラフを別の種類のグラフに変更へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る