Excelの見出しをウインドウ枠の固定で表示

起動時の規定のフォントを変更する|Excel(エクセル)の使い方
Exceで作成した表で左もしくは上部に付けた見出し(項目)がスクロールした際に消えてしまい見にくいと感じるケースもあるかと思います。
そんな時はウインドウ枠の固定を使えばスクロールしても見出しを固定で表示させることができます。



Excelのウインドウ枠の固定手順

エクセルで作成した表を開き、1[表示]タブ、2ウインドウ枠の固定▼をクリックします。
Excelのオプションから基本設定を変更

Excelのウインドウ枠の固定の種類

エクセルのウインドウ枠の固定には
A先頭行の固定(上部項目)
B先頭列の固定(左側項目)
C自由選択(左・上両方/複数の行や列の指定)
Excelのウインドウ枠の固定の種類
があります。

エクセルの先頭行(上部)の見出し項目を固定する

1[表示]タブ、2ウインドウ枠の固定▼をクリックし、A先頭行の固定を選択。
Excelの先頭行(上部)の見出し項目を固定する
1と2の間の罫線が濃くなり、ウインドウ枠が固定されたことが確認できます。
これで上下にスクロールしても最初の1行は固定で表示されるようになります。



エクセルの先頭列(左)の見出し項目を固定する

1[表示]タブ、2ウインドウ枠の固定▼をクリックし、B先頭列の固定を選択。
Excelの先頭行(上部)の見出し項目を固定する
AとBの間の罫線が濃くなり、ウインドウ枠が固定されたことが確認できます。
これで左右にスクロールしても最初の1列は固定で表示されるようになります。

自由にウインドウ枠を指定する場合

ウインドウ枠を左/上共に指定したい場合や、複数の列や行で指定したい場合の方法を説明します。

まずは1見出し(項目)とデータの境界となるセルを選択します。
下図のように上1行、左2列の場合。
Excelのウインドウ枠を自由に設定する
または左2列だけを固定する場合。
Excelのウインドウ枠を左2列を固定する

2[表示]タブ、3ウインドウ枠の固定▼をクリックし、C先頭列の固定を選択。
Excelのウインドウ枠を左2列を固定する

これで下図の赤い項目はスクロールしても表示されたままの状態になります。
Excelのウインドウ枠を固定する



Excelのウインドウ枠の固定の解除

既に設定してあるウインドウ枠の固定を解除する方法。

1[表示]タブ、2ウインドウ枠の固定▼をクリックし、3ウインドウ枠固定の解除を選択。
Excelで既に設定してあるウインドウ枠の固定を解除する方法
※ウインドウ枠固定の解除が表示されない場合は、ウインドウ枠の固定設定がされていない状態です。

Excelの見出しをウインドウ枠の固定で表示へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る