読み取り/書き込みパスワードの設定

読み取り/書き込みパスワードの設定|Excel(エクセル)の使い方

エクセル(Excel)ではデータ(ブック)全体にパスワードロックをかけることができます。
パスワードは閲覧する時(データを開く時)と書き込みをする時の2パターン設定することができます。



Excelに読み込み・書き込みにパスワードでロック

1[ファイル]
エクセルのパスワードロックは[ファイル]メニューから

2名前を付けて保存
3保存先を指定SkyDrive(ネット上の保存先)かパソコン上か
4保存先詳細(フォルダ名など)を指定
[名前を付けて保存]時にパスワードを設定

[名前を付けて保存]ウィンドウが表示されたら

[ツール]→[全般オプション]から読み取り/書き込みパスワードを設定

[ツール]の[全般オプション]からパスワード設定
全般オプションウィンドウで

Excelデータの[読み取りのパスワード]を設定

※パスワードがないと読み取れない(データが開けない)状態

[書き込みパスワード]を設定

AB片方設定も、両方設定も可能です。
読み取りパスワード/書き込みパスワードを指定

[読み取りパスワード]がかかっている場合

データを開こうとした際にパスワードの入力が必須になります。
読み取りパスワードを求めるウィンドウ

[書き込みパスワード]がかかっている場合

読み取り専用でデータを開くか、パスワードを入力して上書き保存が可能な状態で開くかの選択が可能です。
書き込みパスワード入力か読み取りで開く

読み取り/書き込みパスワードの設定へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る