#REF!エラーの原因と対処方法

#REF!エラーの原因と対処方法(#REF!を消す方法)|Excel(エクセル)の使い方

エクセル(Excel)で#REF!というエラーが出ることがあります。
計算式で使われているセル自体を削除された時に「#REF!」エラーになります。



#REFエラーの原因は数式に利用されているセルを削除した為

例えばセル「D8」に数式「B8×C8」の数式が設定されている状態で
エクセルで#REF!エラーが出る前の状態

「B8」セルを削除した場合
計算式の対象となっているセルを削除すると#REF!エラー

「D8」は「#REF!」エラーになります。
エクセルで計算に利用されているセルが削除され#REF!エラー

Excelの#REF!エラーに対する対処方法

前述の通り「#REF!」エラーは数式に利用されていたセルが削除された場合に出るエラーの為、削除によってシート全体の数式にどのような影響があるかを調べる必要があります。

[Ctrl]+[Shift]+[@]でシート内の数式を全て表示できます。

※もう一度[Ctrl]+[Shift]+[@]を押せば元の計算結果表示に戻ります。

このページの例では「B8」セルを削除した為に、「D9」以降の数式(掛け算)がズレてしまっていることに気付きます。
エクセルシート内の数式を表示させ計算式の問題点を探す

掛け算の対象セルが正しくなるように「B8」にセルを挿入します。
計算式のズレを直すためにセルを挿入

#REF!を消し、計算対象としたいセルを改めて選択し直します

数式の#REF!を削除し、改めて計算式に利用するセルを指定

正しい数値を入れれば完了です。
#REF!エラーが消え、正しき表示されます
#REF!エラーの場合、数式の参照セルがずれている可能性が高いので、単純なエラー回避法ではなく、セルを消したことでの影響範囲を想定しながら修正する必要があります。

#REF!エラーの原因と対処方法へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る