#VALUE!エラーの原因と対応法

#VALUE!エラーの原因と対応法|Excel(エクセル)の使い方
Excel(エクセル)の数式で#VALUE!というエラーが出てることがあります。
これはExcelで入力した数式の参照する値が正しくないという意味です。



Excelで#VALUE!エラーが出る要因・原因

以下のようにExcelの数式に文字列の入ったセルが含まれていると#VALUE!というエラーが出てしまいます。
エクセルの数式に文字列の入ったセルが含まれていると#VALUE!エラー
#VALUE!エラーが出ている計算式に使われているセルを確認してみるとセル「B8」の入力が「30個」となっていることが確認できます。

数式の参照セルに[文字列]があると#VALUE!エラーが表示

セルの入力に数字以外の単位(文字)まで入力されているため、セル全体が文字列と認識され、計算結果に#VALUE!エラーが表示されます。
セルに単位まで入力するとエクセルに文字列として扱われる
上下のセルも同様に単位の表示がされているので、上下のセルとの違いを確認し、なぜ#VALUE!エラー判定がされてしまったかを説明します。

書式設定でExcelが単位を表示上,補完している場合と混同しない!

その他のセルも「○○個」と表示されていますが、これらは「セルの書式設定」→「表示形式」→「ユーザー定義」から

種類→「#,##0 “個”」
つまりこのセルは表示上、数字の千桁に「,」(カンマ)をいれ、単位に[個]を自動補完するようExcelで定義されています。
単位表示し計算に利用したい場合は書式設定で定義する

従ってセル「B7」の入力内容を確認すると「10」で”個”は入力されていないことが確認できます。
※Excelが書式設定に従って表示上,単位を補完して表示された状態
数字を入力すれば表示上,単位が補完される状態
→ Excelで単位付きの数字を計算式で利用する方法

Excelの計算式に#VALUE!エラーが出る原因を探すヒント

書式設定の配置を変更していなければ、(Excelの初期値は)数字は右寄せ文字列は左寄せになっているので、入力された値が文字列で#VALUE!エラーになっている場合、セルの入力内容が左寄せになっていたら文字列として扱われていると推察できるのではないでしょうか。
計算式に#VALUE!エラーが出る原因を探すヒント
次に#VALUE!エラーが表示されないように修正する方法を・・



計算式を直してを#VALUE!エラーが出ないように修正する

1まずは文字列と認識されてしまう原因となる単位「個」を削除Delete
2正しく数字と認識されているセル選択し
3コピーCtrlC
正しく計算できているセルをコピー
4#VALUE!エラーが出ていたセルを選択し、右クリック。
5「形式を選択して貼り付け」
#VALUE!エラーのセルに形式を選択して貼り付け
6[書式]だけを貼り付けます。
#VALUE!エラーのセルに書式を貼り付け
これで全て数字の正しいExcelシートになります。
#VALUE!エラーの修正完了

ExcelのIFERROR関数を使って#VALUE!エラーを消す方法

※IFERROR関数はExcel 2007以降から使える関数です。

単純に単位を付けた数字を誤入力してしまった場合は値を直せば解決しますが、以下のように数字ではないものを入力したい場合は数字に置き換えることができません。
この場合はExcelのIFERROR関数を使って#VALUE!エラーを非表示にする(もしくは他の指定した文字に置き換える)事ができます。
数式の参照セルを数字に直すことができない場合

まず1#VALUE!エラーが出ているセルの計算式を削除します。
2fxボタンから[関数の挿入]ウィンドウを表示。
※関数名一覧に[IFERROR]が見当たらなければ3すべて表示を選択して
4[IFERROR]を選択します。
ExcelのIFERROR関数を使って#VALUE!エラーを消す

値に、計算式の56のセルを選択します。
この場合、商品Aの単価は全ての計算式で参照されることになるので、オートフィル(ドラッグ)で数式をコピーした時に、計算対象となるセルが相対参照で変わってしまうと結果がおかしくなってしまう為、6のセルをクリックした後でF4を押します。

そうすると数式で選択されたセルC3が$C$3(列C固定を意味する$Cと行3を固定を意味する$3)が追加されます
→ Excelの計算式で参照する値(セル)を固定する方法
7エラーの場合の値として”定休日”を設定します。
Excelの「関数の引数」ダイアログの入力を進める
これで数式にエラーがあった場合は[定休日]という文字が入力されるようになります。
もちろん[定休日]ではなく[-](ハイフン)などエラーになった際の文字は任意に変えることも可能です。

IFERROR関数を使った数式を上下のセルにドラッグしてコピーします。
#VALUE!エラーを表示しないIFERROR関数を使った数式を上下にコピー

先ほどF4で商品単価の参照セルを固定したので、
個数はドラッグで下に向かうと行番号が加算されていきますが、商品A単価($C$3)は数式上固定されたままになります。

この数式をコピーしておけば、今後、個数欄に文字列(例えば定休日)が出てきても数式は#VALUE!エラーにならなくなります。

IFERROR関数の数式を修正したい場合はAfxボタンから「関数の引数」ダイアログを表示して行うか、B数式を見ても、大体の予想は付くと思うので、直接数式から修正しても構いません。

#VALUE!エラーの原因と対応法へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る