数式のコピー&ペーストについて

数式のコピー&ペーストについて|Excel(エクセル)の使い方



Excelの数式のコピー&ペーストについて

エクセル(Excel)で入力した数式を別のセルで利用する場合
CtrlCでコピーしてCtrlVで貼り付けすれば、元の計算式を参考に相対参照で貼り付けられます。
※元の計算式の「D5」×「E5」がコピーされるのではなく、計算式を入力したセルを基準に(相対的に見て)「左へ2つ移動したセル」×「左へ1つ移動したセル」という数式(「K5」×「L5」)が貼り付けられます。
エクセルでは数式を形式を選択して貼り付けできる
ペーストだけでそのまま式が流用できるので簡単で、便利ですが書式まで貼り付けされ(例ではセルがグリーンに)てしまいまいます。

コピーしたセルの数式だけを貼り付ける

1数式が入ったコピーしたいセルを選択
数式をコピーしたいセルを選択
2数式を貼り付けたいセルを選択し右クリック

[形式を選択して貼り付け]を選択

[形式を選択して貼り付け]を選択

[形式を選択して貼り付け]ウィンドウで[数式]を選択

[形式を選択して貼り付け]ウィンドウで[数式]を選択

コピー元の書式設定は無視され、数式が相対参照(2つ左のセル×1つ左のセル)してペーストされます。
数式のコピーは相対参照でペーストされる

元の数式をそのままコピーしたい場合は数式バーの内容をコピーし、Enter押下後に、セルを選択して貼り付けます。
元の数式をそのままコピーしたい場合

数式のコピー&ペーストについてへのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る