異なるブックの値を計算式で利用

異なるブックの値を計算式で利用|Excel(エクセル)の使い方
エクセル(Excel)で以下のように異なるブックで入力(計算)した値を計算で利用する手順を説明します。
エクセルでは異なるブックで入力(計算)した値を計算に利用可能



ブック内の計算式を入力

まずは参照したいブックも立ち上げます。

1「=」(イコール)を入力
2計算対象となるセルをクリック
3「計算記号」[+-*/](今回は[+]で)
4対象となるセル(数値)のあるブックを選択

まず元となるエクセルデータの計算式までを入力

別のブックの計算対象となるセルを選択

5ブックをまたいで計算したいセルを選択
6[Enter]キーを押下
別のシブックの計算対象となるセルを選択し[Enter]

これでブックをまたいだ計算が完了です。



異なるブック間で計算式が認識されている事を確認

入力された数式を確認すると
= (同じシート内の)C8+[sample.xlsx]ファイルの[請求書(2)]シートのセル[D8]($D$8)
となっている事が確認できます。
異なるブック間で計算式が認識されている事を確認

異なるブックの値を使って計算する場合の注意点

「データを参照しているExcel」を開かずに「計算式の入ったデータ」を開こうとすると
参照しているExcelを開かずにデータを開いた場合

外部にリンク(参照している)旨のアラートが表示されます。
最新の状態に[更新する]か[更新しない]で開くかの選択ができます。

外部にリンク(参照している)旨のアラートが表示

先に[参照先のデータ]を開いてから[計算式の入ったエクセル]を開けばアラートは表示されません。
参照しているExcelを開いてからデータを開く

異なるブックの値を計算式で利用へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る