Excelシートの印刷時の余白を設定

シートの印刷時の余白を設定|Excel(エクセル)の使い方



Excel(エクセル)のプリントアウト時の余白の設定方法はいくつかありますが、Excel 2007/2010/2013共通の操作方法は 1ページレイアウトタブの[ページ設定]項目に 2余白」ボタンから行えます。

エクセルの「ページレイアウト」タブから印刷時の余白を設定

エクセル(Excel)で用意されている余白設定は
3最後に適用したユーザー設定)
4標準(余白設定)
5広い(余白設定)
6狭い(余白設定)

印刷時の余白の幅パターンが用意されている

余白設定は以下の通りです。

※上部余白(ヘッダーで指定した文字部分を含みます)
※下部余白(フッターで指定した文字部分を含みます)
ヘッダーやフッターはシート名,日付,ページなどを印刷時に付与可能です。
入力方法は後述します。
上部余白がヘッダー、フッターの文字サイズより小さくなってしまうと、ワークシートの印刷範囲と重なって印刷されてしまうのでご注意ください。

Excel印刷時の余白イメージ
7ユーザー設定の余白 を選択した場合、以下の[ページ設定]のダイアログが表示されます。
Excelの印刷[ページ設定]のダイアログ

CtrlPで印刷画面を開き、[ページ設定]を選択しても上記の[ページ設定]のダイアログを開くことができます。
印刷画面を開き[ページ設定]ダイアログを開く

印刷時の余白は数値で指定する事ができます。

[ページ設定]ダイアログが開いたら[余白]タブの下部にある[印刷プレビュー]ボタンを押しプレビュー画面を表示させ数値で余白を指定する事ができます。

エクセルの印刷時の余白設定は数値入力で指定が可能

ドラッグして余白を手動で調整する事も可能

8下部の[余白の表示]ボタンで余白ガイドを表示させ9ドラッグで余白を指定することも可能。
エクセルの印刷時の余白はガイドをドラックして調節も可能

Excelの場合、デフォルト設定では用紙の印刷可能範囲の左上に寄せてデータが印刷されます。
余白をドラッグして中央にデータが配置されるように調整する事もできますが
エクセルは印刷可能範囲の左上に寄せてデータが印刷される

「ページ設定」ダイアログの[余白]タブで、

[ページ中央]の[水平]にチェックを入れると、左右の中央に印刷

[ページ中央]の[垂直]にチェックを入れると上下のセンターに印刷

[水平]や[垂直]にチェックを入れ、真ん中に印刷

Excelシートの印刷時の余白を設定へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る