拡大印刷や用紙に合わせて縮小印刷

拡大印刷や用紙に合わせて縮小印刷する手順|Excel(エクセル)の使い方



Excelで印刷時の拡大/縮小設定を行う方法はいくつかあります。

Excel 2007/2010/2013に共通する設定方法は[リボン]にある[ページレイアウト]タブの[拡大縮小印刷]項目からの設定です。

[ページレイアウト]の[拡大縮小印刷]で指定

用紙の縦幅や横幅に指定したページ数で印刷する事ができます。
縦/横で指定したページ数に合わせて印刷

例えば、縦長なデータを印刷する際、用紙の横幅に合わせて印刷すると文字が大きく見やすくなりますが、ページ数が多くなってしまいます。
逆に用紙の縦幅に合わせて縮小印刷すると、文字は小さくなりますが、ページ数が節約できます。
縦長資料は用紙の縦幅に合わせ印刷すれば出力ページが節約

Excelのシートを用紙に合わせて拡大印刷

エクセル(Excel)の場合、用紙に合わせて縮小印刷は自動でできますが、データを用紙いっぱいに自動で拡大する事はできません。
Excelで拡大印刷はパーセンテージ指定で

用紙に合わせて拡大印刷したい場合は[ファイル]から
ファイルの印刷からプレビューを確認
[印刷]からメニュー最下部の[拡大縮小設定]を行います。
[印刷]からメニュー最下部の[拡大縮小設定]→拡大縮小オプション

印刷のページ設定ダイアログから拡大縮小オプションを選択
印刷のページ設定ダイアログから拡大/縮小にチェックしパーセンテージを入力
拡大し、プレビューを確認し微調整を繰り返す必要があります。

ちょうど良い大きさに拡大できたら[印刷]ボタンでプリントアウト。

拡大印刷や用紙に合わせて縮小印刷へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA





ページのトップへ戻る