Excelのセルの選択範囲に名前を定義

Excelのセルの選択範囲に名前を定義
エクセル(Excel)ではセル範囲に名前を付けることができます。
セルに名前を定義しておくことで選択範囲が正確になる。
計算式がシンプルになる・・などのメリットがあります。



Excelのセル範囲に名前を付ける手順

1Excelのセル範囲を名前を付けて定義したい場所を選択
Excelのセル範囲を名前を付けて定義したい場所を選択
2ボックス内に名前を入力しEnter
Excelのセル範囲を名前を付けて定義する
定義するセル範囲は[行]だけではなく、[列]でも設定可能です。
※行と列でセルの一部が重なっていても問題ないです。
但し、定義する名前の最初の文字が数字だとエラーになります
Excelのセル範囲を名前を付けて定義する場合、数字が先頭だとエラーに
先頭文字が数字以外ならセルに名前を付け定義ができます。
定義するセル範囲は[行]だけではなく、[列]でも設定可能
名前ボックスのプルダウンから簡単に選択範囲を指定することができます。
名前ボックスのプルダウンから簡単に選択範囲を指定可能



Excelのセル範囲を計算式に利用する

計算式を入力するセルを選択し
1[数式]タブ
例えば計算式で2オートSUM
※選択したセルの場所によってはSUMの値に適当な範囲が入力されますが無視
3定義された名前
4数式で利用
5新宿店売上(今、定義したセル範囲)を選択
で計算式が完成します。
Excelのセル範囲を計算式に利用する
元々、セル範囲の名前が分かっていれば=SUM(新宿店売上)のように入力しても構いません。



Excelのセル範囲に付けた名前や範囲の修正と削除

Excelのセル範囲に付けた名前や選択範囲の修正と削除は1数式
2定義された名前
3名前の管理
Excelのセル範囲に付けた名前や範囲の修正と削除
[名前の管理]ウィンドウが表示
セルに名前を付けた定義を[名前の管理]ウィンドウで修正
A編集を選択するとセル範囲に付けた名前やセル範囲を修正できます。
セル範囲に付けた名前やセル範囲を修正
B削除を選択すると定義を解除・クリアすることができます。
セルに名前を付けた定義を解除・クリア

Excelのセルの選択範囲に名前を定義へのコメント

この記事へのコメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る